仲間と協力する仕事でもある!ネットワーク監視

一人で仕事をする事はほとんどない

余程の事態が発生していない限りは、一人でネットワーク監視を行う事はありません。基本的には二人以上の中で、ネットワーク監視を実施して異常が発生していないかどうかチェックする事になります。一人で行ってしまうと見逃してしまった場合、何時までも気が付かないという事態が発生するからです。そこで二人以上で協力しながらネットワーク監視を行う事によって、質の高い監視を行う事ができますし、素早く対応する事もできるんですよね。

トラブル時は協力する事が必要不可欠

何時発生するかわからないのがネットワークのトラブルでもあります。もしもネットワークのトラブルが発生した時は、自分だけで対処するのではなく、多くの仲間と協力しながら仕事をする事が一般的です。協力しながら仕事をする事ができれば、被害を最小限にする事ができるので再びネットワークの仕事を行う事ができるからでもあるんですよね。その為他の仕事以上にコミュニケーションが求められる事もあるので、しっかりと協力しないといけないんですよ。

仲間が頑張ってくれるので休む事も可能

多くの仲間と一緒にネットワーク監視を実施する場合には、仲間が頑張ってくれる事も多くその時間を利用して、休む事もできるんですよね。24時間監視をしなくてはいけない事も多いので、全員が休憩で抜けてしまうと大変な事態になってしまいます。そこで交代で休憩する事がほとんどで、自分が休憩する事になった場合には代わりの方が頑張っている事になりますね。逆に他の方が休んでいる場合には、自分が代わりに頑張らないといけないんですよね。

コンフィグ管理(構成管理)とは、システム開発の短納期化、高品質化を目的として、システムの企画から開発、運用、廃棄に至るまでの設計書やハード、ソトウェア等の変更履歴を記録、管理することを言います。

You Might Also Like