用途によってこんなに種類がある!パソコンの選び方

デスクトップ?ノート型?形の選び方

一般的には同価格帯ではデスクトップのほうが高性能で、よりハイスペックなパソコンが欲しいのであればデスクトップというのが常識でしたが、昨今ではゲーミングPCと言われる一般的なデスクトップパソコンよりもハイスペックなものもあるため、処理能力で形を選ぶ必要はありません。据え置きでしか使わず、置き場所があるならデスクトップ、設置場所が狭い場合や持ち運ぶならノートパソコン、持ち運ぶのがメインでとにかく軽い物が良ければタブレット型がおすすめです。

メーカー品で目的に合うものがなければ自作も

メーカー製のパソコンではスペックに満足できない場合や、新しいCPUが発売されたら新しいものに交換したいなど、各パーツにこだわりがある場合はパソコンを自作することもおすすめです。組み立てには知識が必要ですが、パソコンパーツを取り扱う店では知識が豊富な店員さんもいるので、わからないことを聞くことができます。将来のスペックアップや、パーツ単位で壊れた場合など、交換が容易にできることが自作パソコンの特徴です。

型落ちパソコンも狙い目!

近年はパソコンのスペックアップも緩やかになり、数年前のモデルでも現行のモデルのパソコンと比較しても遜色ないスペックである場合がほとんどです。3Dの描画や動画の編集なども楽々こなせるものばかりで、多少のスペックの差であれば割安な型落ちパソコンがおすすめです。OSの種類にもよりますが、以前のバージョンのOSから現行のOSに無料でアップデートできるものもあるため、OSが以前のバージョンのものも狙い目です。

パソコンは書類を作成したり、インターネット通信に繋げることによって世界中の人々と交流できるツールです。20世紀末から一般家庭でも普及し、現在は高い普及率になっています。

You Might Also Like