被害にあったらどうしよう!最新のネットの誹謗中傷対策とは

なぜ誹謗中傷はとまらないの?

インターネットを通じた誹謗中傷は大変だと言われていますが、その最たる理由は「拡散し始めたら押しとどめることができない」からです。悪意を持っている犯人が一人であっても、情報に騙されてしまった人や面白半分で騒ぎを大きくしようとする人などが無数に集まる可能性があります。更に、一度広まった情報を消すためには、それぞれの情報を表示している運営会社や管理者に依頼をして回らねばならないのですが、実質的には不可能と言っても過言ではありません。このため、インターネット上の誹謗中傷は大変に厄介だと言われているのです。

どうやったら対策できるの?

誹謗中傷を受けている場合はどのような立場であれ、まずは誹謗中傷の書き込みなどをできる限り印刷し、最寄りの警察などに相談しにいきましょう。これは問題を改善して貰うためと言うよりは、被害が悪化した時にスムースに相談するための準備と考えてください。その後、WEBサイトなどに対する誹謗中傷である場合は、「誹謗中傷は事実ではなく警察に相談している」といった説明文を掲げることがおすすめです。冷静に経緯や対応状況を記すことで、噂を信じてしまう善意の第三者の広がりを防止できます。一切WEBに関連していない個人の場合は、残念ながら個人として打てる手立てがほとんどないのが現状です。ただ、書き込みがされている掲示板などに「そんな事実はない」と文句を付けにいくような行為は控えましょう。相手を喜ばせるだけにすぎず、野次馬の第三者が増える恐れもあるため一番の悪手と言えます。ぐっとこらえて、誹謗中傷を目にしないように心がける方が賢明です。

誹謗中傷対策をする専門業者とは

インターネットによる誹謗中傷対策を専門にしている業者は、多くの場合はITの知識や業界情報に精通した法曹関係者であることが多いです。理由としては名誉棄損といった法的な事柄についての対応の他、プロバイダへの法的な削除要請などをするために、それら二つの知識が欠かせないからです。更に、最近ではインターネット検索サイトのシステムにのっとって、同姓同名の人間のブログなどを立ち上げて、誹謗中傷の記事を埋もれさせてしまうという方法も取られるようになりました。即時に問題を払拭できるような問題ではないため、各方面からの対処を地道に進めていくことが欠かせないというのが現状です。

逆SEOはネガティブな情報の検索順位を下げることで、企業や商品のイメージダウンを回避することが出来ます。

You Might Also Like