匿名のネット社会で誹謗中傷から身を守るには?

どんな言葉が誹謗中傷になる?

日本のネット社会は他国に比べると匿名性が高くなっています。自由な発言ができる反面、素性が判らないので悪意をばらまく人も多く存在します。他人を誹謗する言葉も多く見られますが、どのような言葉がそれに相当するのかと言うと、見る人を不快にする単語や罵詈雑言であり、事件や事故の関係者の個人情報をネット上に掲載するのも該当します。他者を貶めたり笑い物にする等、明確な悪意があり、実際に不快感をこうむる人がいた場合には、たとえ軽い悪口であっても該当します。

過度な物は犯罪行為にあたります

特定の人間に対して執拗な中傷を書き込んだり、害する行為や時に殺人を仄めかすような物は犯罪になります。実際にあった事件として、ある企業の社長に対して「死ね」と言う単語を何度も書き込んだ結果、民事訴訟となって罰金刑になっています。他にも相手だけでなく家族へも人格攻撃を行い、名誉棄損で訴えられた結果、逮捕されるという事件も起きています。匿名性が高い掲示板などでは素性がバレないと思いがちですが、捜査機関はIPアドレスを辿ってすぐに書き込んだ人間を特定します。

自分が被害にあったらどうするか

もしも、相手の矛先が自分に向けられた場合にはどう対処するのが良いでしょうか。動揺や怒りなど様々な感情が沸きますが、まずはそれらを我慢して冷静に対処する必要があります。大型掲示板などの場合なら、管理者が存在するので削除要請を出す方法があります。URLや書かれた内容などを送付する事で削除されます。それでも執拗な攻撃があるなら法的手段に訴える旨を検討中である事を伝えましょう。それでも収まらない場合には実行します。自分が対象になった時には、冷静になる事が重要であると同時に、時には無視する鋼の心も必要です。

ネット誹謗中傷に取り組むためには、前もって専門的な業者のプランをじっくりと見極めることが求められています。

You Might Also Like